遺言書のルール

撤回するのやーめたっ!!

遺言書は一度作成するともう何もすることがないと思われる方が多いです。

 

しかし通常、遺言書の作成時期と遺言書が効力を持つ時期との間には時間があることが多いので、経済状況の変化や財産の増減などの当初想定していない事態が起こることがあります。

 

そんな時に遺言書だけは最初のままとなると相続人の間で不要の争いが生まれる可能性があります。

 

そこで当事務所では遺言書作成においては定期的な見直しをオススメしています。

 

時期はいつでもいいのですが、忘れることのないように「元日」や「ご自身の誕生日」などの記念日に見直しをしてもらっています。

 

見直しをした結果、財産の価値に変動がみられる場合には相続人間の公平などを考慮しなおし必要に応じて遺言書を書き直します。

 

書き直すとはいえ自筆証書と公正証書では方法が多少違いますのでご注意ください。

 

よく勘違いをされるんですが、自筆証書を書き直す場合には自筆証書だけでなく、公正証書によってしてもかまいません。逆も同じです。

 

また内容的にいうと新しい遺言書を作成すれば以前の遺言書は全く必要がなくなるわけではありません。

 

内容的に矛盾をしていない部分の効果はなくならないからです。

 

ここで少し問題になることがあります。

 

例えばA遺言を作成した後でB遺言においてA遺言を撤回するとした場合に、のちに気持ちが変わってC遺言においてB遺言を撤回するとしたとします。

 

この時遺言者としてはA遺言の効力を復活させようという意思があるものと考えられますが、そのようなことは認められるのでしょうか。

 

結論から言いますと、認められません。

 

一度撤回すると基本的には効力は復活しません。

 

詐欺や強迫によって撤回させられた場合はさておき、一度撤回をした場合にはもう一度A遺言と同じ内容で遺言をし直す方が安全でしょう。

 

なお、自筆証書遺言についてはわざわざ遺言中で撤回の意思表示をするのが面倒な場合には遺言書そのものを破棄してしまうということも可能ではあります。

 

 

<前のページ>  <次のページ>

関連ページ

経審受審をしてみませんか?
公共事業の工事を請け負ってみたい。そうお考えの社長様。仕事が忙しく書類作成をしている暇がないとお嘆きの社長様。私にお任せください!
意外と大変!戸籍収集
相続の際に「戸籍を集めてください」というのは色んなHPに書かれていますが、実際に集めるとなると一苦労するものです。。。
空き家特措法って何?!
不動産は相続において重要なものです。しかし最近は実家の相続で問題が起きているってご存知ですか?
子でもあり、孫でもある相続?
普通相続といえば子であったり、配偶者であったりという立場ですが、まれに立場を二つ持つことがあります。そんな時はどうなるのでしょうか。
贈与をするなら今がチャンス!!
相続税対策として生前贈与をされる人も多いと思いますが、どのタイミングが一番いいのでしょうか?
遺言を書くメリットが増えるかも??
相続対策として遺言を検討される方は徐々に増えてきていますが、まだまだ普及しているわけではありません。そこで遺言控除という制度が始まろうとしています。
農地を相続したけど、農業はしないという場合
土地や建物などの不動産を相続することは多々あります。しかし中には土地といっても農地を相続することも。。。農業はしないけど、どうやって売ればいいの?
亡くなった人の預金は勝手に引き出していい?
家族との突然の別れ。せめてお葬式はしっかりしてあげて安らかに眠ってほしい。でも葬儀にもお金がかかるので亡くなった人の口座からお金を…。ちょっと待ってください!気をつけないと…
愛人契約の見返り??
愛人になったら○○をあげるよ…なんて甘いささやきについつられてしまい不倫関係に。。。しかしそんな関係も長くは続かず、別れることになりました。そんな時もらったものはどうなる??
節税目的の養子縁組も許されるってよ!
相続税の基礎控除が引き下げられてからますます重要になってきた相続税対策。その代表的なものが「養子縁組」です。でも養子ってそんなに簡単に迎えていいの?という裁判の行方は??
会社を後継者に譲るなら
いよいよ会社を後継者に譲るとき。そのまま株式を贈与するのか、新会社を設立するのか悩むことは多くありますが、補助金を活用して賢く承継しませんか?
少子化による人材確保にお悩みの社長様へ
少子化というワードが毎日のようにあちこちで聞かれますが、こと労働市場においては深刻な問題となっています。そこで中田事務所がご提案です!

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 取扱業務 事務所アクセス お問い合わせ 法律こぼれ話 代表ブログ