持ち家もあるし…実家の相続問題

実家の相続問題!

空き家,相続,メリット,デメリット

 

相続財産といえば”不動産”をイメージされる方も多いのではないですか?

 

不動産とは土地や建物などのことをいいますが、実際相続財産の中でも価値の高いものが多いです。

 

しかも不動産は分けにくいことから、相続トラブルの元凶のような扱いを受けていました。

 

しかし最近では核家族化が進み、実家を相続する必要が少なくなってきています。

 

それにより実家が「相続したい価値あるもの」から「相続することで負担が増えるもの」に変わってきています。

 

どちらもトラブルの元になりかねませんが、内容が全く変わってきてしまいました。

 

それに伴って増えているトラブルがあります。

 

「共有」「空き家」です。

 

共有とは一つの不動産などを数人のものとすることをいいます。

 

それぞれの持ち分を定めてみんなで不動産を管理するのです。

 

これの何がトラブルを生むのかと言いますと、共有という状態では当該不動産を売却しようとしても単独ではできず、全員の承諾が必要になります。

 

なので、共有者の一人に事情があって急にお金が必要だからと言って不動産を売却してお金を確保するということがすぐにはできない可能性があります。

 

また管理方法などをめぐって共有者間でもめてしまうことも少なくありません。

 

その結果誰もきちんとした管理ができなくなり発生するのが「空き家問題」です。

 

共有の特徴でもありますが、「誰かがするだろう」という勘違いの結果手を付けられないほどに草木が生えてしまったり、家屋が傷んでしまったりしてこのままでは居住はおろか使用することもできない状態になってしまうことがあります。

 

その間にさらに時間が過ぎ、共有者の相続なども発生して雪だるま式に共有者が増えていくこともあります。

 

そうした現状が特に地方では起きています。

 

ではなぜそんな老朽化した家屋を建てたままにしておくのでしょうか。

 

万が一その建物が壊れたせいで誰かに損害を与えてしまった場合民法上責任を負うことになるのに。。。

 

それには上記の共有者の意思疎通が図れないという実態のほかにも2つの理由があります。

 

一つは解体費用を誰が出すのかという問題です。

 

誰しもわざわざお金を使うだけのことはしたくありません。

 

今まで大丈夫だったのだから自分が出費しなくても建物として何とかなるだろう。と考えてしまいがちなため対策が遅れていく傾向にあります。

 

そしてもう一つの原因は住宅用地特例の存在です。

 

これは何かといいますと、土地の上に建物が建っていると敷地の固定資産税や都市計画税が安くなるという特例があります。

 

つまりどんなにボロボロの家であっても”建物”である以上この特例が適用されてきたのです。

 

結果ずーっと放置されていた住宅が隣地に影響を与えだし、近隣からの苦情がたくさん役所に寄せられるようになりました。

 

そこで各市町村などは独自に条例を制定し空き家対策をすることにしました。

 

とはいえ条例ですから統一した国のルールはありません。

 

なのであまり強烈な手段をとるわけにもいかず、結果として今までよりちょっと踏み込んだ「お願い」という状況が続いていたのです。

 

そこでやっと国も動きました。

 

「空き家対策特別措置法」という法律を作り、市町村などが空き家を管理しやすいようにしたのです。

 

この法律により明確に市町村の対応が定められました。

 

所有者の特定にあたり行政機関が持っている情報を適切に利用することができるようになり、所有者不明という建物について調査することができるようになったり、指導や助言に従わない所有者に対しては「特定空き家」に認定し、固定資産税などの減税メリットをなくすという対応ができるようになったのです。

 

この特措法によって最終的には代執行(本来の所有者等が取り壊すという義務を行政が代わりにすること)ができるようになりました。

 

もちろん取り壊しの費用は所有者に請求されます。

 

空き家の近くに住まわれて生活に支障が出ている方はぜひ一度ご相談ください。

 

 

<前のページへ>  <次のページへ>

関連ページ

経審受審をしてみませんか?
公共事業の工事を請け負ってみたい。そうお考えの社長様。仕事が忙しく書類作成をしている暇がないとお嘆きの社長様。私にお任せください!
意外と大変!戸籍収集
相続の際に「戸籍を集めてください」というのは色んなHPに書かれていますが、実際に集めるとなると一苦労するものです。。。
遺言書の撤回の撤回?
遺言書は一度書いたら終わりでしょうか?そんなことはありません。状況によっては書き直しが必要になります。では撤回を撤回することはできるのでしょうか。
子でもあり、孫でもある相続?
普通相続といえば子であったり、配偶者であったりという立場ですが、まれに立場を二つ持つことがあります。そんな時はどうなるのでしょうか。
贈与をするなら今がチャンス!!
相続税対策として生前贈与をされる人も多いと思いますが、どのタイミングが一番いいのでしょうか?
遺言を書くメリットが増えるかも??
相続対策として遺言を検討される方は徐々に増えてきていますが、まだまだ普及しているわけではありません。そこで遺言控除という制度が始まろうとしています。
農地を相続したけど、農業はしないという場合
土地や建物などの不動産を相続することは多々あります。しかし中には土地といっても農地を相続することも。。。農業はしないけど、どうやって売ればいいの?
亡くなった人の預金は勝手に引き出していい?
家族との突然の別れ。せめてお葬式はしっかりしてあげて安らかに眠ってほしい。でも葬儀にもお金がかかるので亡くなった人の口座からお金を…。ちょっと待ってください!気をつけないと…
愛人契約の見返り??
愛人になったら○○をあげるよ…なんて甘いささやきについつられてしまい不倫関係に。。。しかしそんな関係も長くは続かず、別れることになりました。そんな時もらったものはどうなる??
節税目的の養子縁組も許されるってよ!
相続税の基礎控除が引き下げられてからますます重要になってきた相続税対策。その代表的なものが「養子縁組」です。でも養子ってそんなに簡単に迎えていいの?という裁判の行方は??
会社を後継者に譲るなら
いよいよ会社を後継者に譲るとき。そのまま株式を贈与するのか、新会社を設立するのか悩むことは多くありますが、補助金を活用して賢く承継しませんか?
少子化による人材確保にお悩みの社長様へ
少子化というワードが毎日のようにあちこちで聞かれますが、こと労働市場においては深刻な問題となっています。そこで中田事務所がご提案です!

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 取扱業務 事務所アクセス お問い合わせ 法律こぼれ話 代表ブログ