大変なことは専門家にお任せを!

銀行に「戸籍が必要」って言われたけど…

相続の際には考えなければならないことがたくさんあります。

 

遺産分割や相続税などなど。。。

 

しかもそれには時間制限もあり、いつまでもダラダラと先延ばしにするわけにもいきません。

 

苦労しながらもやっと遺産分割を終え、いざ名義変更手続きをしようとしたところ、また新たな壁が現れます。

 

それが「戸籍の収集」です。

 

ご存知のように戸籍は以前は誰でも取得することができました。

 

しかし個人情報保護が叫ばれる昨今では家族ですら収集が難しくなっています。

 

具体的には直系尊属や卑属は収集できますが、傍系は委任状がなければ集めることができません。

 

つまり、兄弟姉妹の戸籍を収集するには本人の委任状が必要なのです。

 

それでは亡くなった方がその兄弟姉妹だった場合はどうでしょうか?

 

委任状を取得できなくなりますよね。

 

そうなってくると大変です。

 

役所の手続をしようにも親族関係を証明するだけで一苦労です。

 

また、被相続人に配偶者や子がいないから兄弟姉妹が手続きをしているということを疎明する必要があります。

 

しかも手続きをする窓口ごとに。。。

 

気が遠くなりそうですね。

 

ですが、心配はいりません!

 

そういう時こそ私ども専門家の出番です。

 

きちんと戸籍を収集し、誰からの依頼で誰のために動くのかを明確に表すことができます。

 

さらに慣れない戸籍を読み解いて収集したり、遠くの窓口に出向くこともなく迅速に行動することができます。

 

空いた時間で遺産分割協議をしていただくことも可能です。

 

心配事や面倒な作業は私にお任せください。

 

ご相談、お問い合わせはコチラからお願いいたします。

 

 

<前のページ>  <次のページ>

関連ページ

経審受審をしてみませんか?
公共事業の工事を請け負ってみたい。そうお考えの社長様。仕事が忙しく書類作成をしている暇がないとお嘆きの社長様。私にお任せください!
空き家特措法って何?!
不動産は相続において重要なものです。しかし最近は実家の相続で問題が起きているってご存知ですか?
遺言書の撤回の撤回?
遺言書は一度書いたら終わりでしょうか?そんなことはありません。状況によっては書き直しが必要になります。では撤回を撤回することはできるのでしょうか。
子でもあり、孫でもある相続?
普通相続といえば子であったり、配偶者であったりという立場ですが、まれに立場を二つ持つことがあります。そんな時はどうなるのでしょうか。
贈与をするなら今がチャンス!!
相続税対策として生前贈与をされる人も多いと思いますが、どのタイミングが一番いいのでしょうか?
遺言を書くメリットが増えるかも??
相続対策として遺言を検討される方は徐々に増えてきていますが、まだまだ普及しているわけではありません。そこで遺言控除という制度が始まろうとしています。
農地を相続したけど、農業はしないという場合
土地や建物などの不動産を相続することは多々あります。しかし中には土地といっても農地を相続することも。。。農業はしないけど、どうやって売ればいいの?
亡くなった人の預金は勝手に引き出していい?
家族との突然の別れ。せめてお葬式はしっかりしてあげて安らかに眠ってほしい。でも葬儀にもお金がかかるので亡くなった人の口座からお金を…。ちょっと待ってください!気をつけないと…
愛人契約の見返り??
愛人になったら○○をあげるよ…なんて甘いささやきについつられてしまい不倫関係に。。。しかしそんな関係も長くは続かず、別れることになりました。そんな時もらったものはどうなる??
節税目的の養子縁組も許されるってよ!
相続税の基礎控除が引き下げられてからますます重要になってきた相続税対策。その代表的なものが「養子縁組」です。でも養子ってそんなに簡単に迎えていいの?という裁判の行方は??
会社を後継者に譲るなら
いよいよ会社を後継者に譲るとき。そのまま株式を贈与するのか、新会社を設立するのか悩むことは多くありますが、補助金を活用して賢く承継しませんか?
少子化による人材確保にお悩みの社長様へ
少子化というワードが毎日のようにあちこちで聞かれますが、こと労働市場においては深刻な問題となっています。そこで中田事務所がご提案です!

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 取扱業務 事務所アクセス お問い合わせ 法律こぼれ話 代表ブログ