どう転んでも痛い不倫関係

愛人契約って本当にあるの??

去年の芸能界は空前の「不倫ブーム」でしたね。

 

1月から名の通った芸能人の不倫スキャンダルがワイドショーをにぎわせていました。

 

不倫や浮気の違いもよく分かりませんが、受け取る人によってどこからが不倫(浮気)かが違うというのはいささか困ったものです。

 

連絡を取っただけで不倫と言われてしまうと正直委縮してしまって人間関係を維持することすら困難になってしまいそうです。。。

 

さて今回はその不倫。中でも愛人契約について考えたいと思います。

 

愛人契約とは「愛人になってくれたら○○をあげるよ」のようなものをいいます。

 

実際にこうやって口説かれたことがある方もおられるんですかね??

 

こんなことを言いあえる間はまだ大丈夫(?)なんですが、問題は分かれる際です。

 

不倫,浮気,法律,ばれた

 

奥さんに見つかってしまったなどの理由によって分かれる場合、別れるんだから以前あげた○○を返してよという話になることがあります。

 

もらった側からすれば「何をいまさら」ですが、あげた方からすれば返してもらわない限り奥さんに許してもらえません。(返してもらっても許してもらえるか分かりませんが…)

 

そこで問題になります。

 

愛人契約の見返りにあげたものを愛人契約の解除によって返してもらうことはできるのでしょうか?

 

それではシンキングタイムスタート!!

 

問題,浮気,発覚,返還

 

結論はでましたか??

 

それでは解説していきましょう。

 

そもそも愛人契約とは契約とついているので立派に聞こえますが、日本では法律婚主義を採用しており、配偶者以外の異性と関係を結ぶことはいけません。

 

裁判で離婚ができる理由の一つに「不貞行為」というものがありますが、上記の関係はこれに当たります。

 

つまり愛人関係を言い換えると「不法行為をするための契約」ということになります。

 

日本において契約は基本的に自由に結ぶことができます。

 

しかし法律違反の契約まで自由に結べるとすると、「隣のお金持ちの家から財産を盗んできてくれたら報酬をやる」といったような違法なことを助長してしまうかもしれません。

 

そこでこういった不法行為を目的とする契約などは民法によって無効と定められています。

 

民法90条 公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

 

無効となるとその効果は初めから発生しないことになります。

 

よって相手の方に渡した(法律上は贈与です)財産は返還してもらえることになりそうです。

 

「やったー!!」

 

感激,感謝,やったー

 

おっと、心の叫びが聞こえてきましたよ??笑

 

しかしそんな簡単に話を済ましてしまえば法律なんていりませんよね。

 

よく考えてみてください。

 

この理屈だと男性側は愛人と大人の関係になったうえに家庭も守り、財産も返してもらえます。

 

一方女性は「いつか離婚して一緒になろう」などのセリフを信じつつ愛人契約をして、婚期を遅らせ関係を許し、さらに財産を失います。

 

そこでまた別の理屈が飛び出します。

 

法律は悪いことをした人は守りません。という理屈です。(不法原因給付といいます)

 

民法708条 不法な原因のために給付をした者は、その給付した物の返還を請求することができない。

 

愛人関係はここでいう「不法な原因」にあたります。

 

ここまでをおさらいすると

 

愛人契約は公序良俗に反するので無効。お互いに不法な関係と分かっているのでそのために給付した物の返還を求めることはできない。

 

となります。

 

今回のケースに当てはめてみると

 

愛人契約はもちろん無効になりますが、愛人契約維持のために給付した○○は不法原因給付にあたり返還を求めることができない。結果として贈与された人は返還する相手がいなくなった目的物の権利を反射的効果として取得することができます。

 

あー恐ろしい。。。

 

家に帰ったら愛人に買ったものの何倍のものを買わされるのでしょうね。。。

 

 

亡くなった人の預金は勝手に引き出していい?   節税目的の養子縁組も許されるってよ!

 

 

関連ページ

経審受審をしてみませんか?
公共事業の工事を請け負ってみたい。そうお考えの社長様。仕事が忙しく書類作成をしている暇がないとお嘆きの社長様。私にお任せください!
意外と大変!戸籍収集
相続の際に「戸籍を集めてください」というのは色んなHPに書かれていますが、実際に集めるとなると一苦労するものです。。。
空き家特措法って何?!
不動産は相続において重要なものです。しかし最近は実家の相続で問題が起きているってご存知ですか?
遺言書の撤回の撤回?
遺言書は一度書いたら終わりでしょうか?そんなことはありません。状況によっては書き直しが必要になります。では撤回を撤回することはできるのでしょうか。
子でもあり、孫でもある相続?
普通相続といえば子であったり、配偶者であったりという立場ですが、まれに立場を二つ持つことがあります。そんな時はどうなるのでしょうか。
贈与をするなら今がチャンス!!
相続税対策として生前贈与をされる人も多いと思いますが、どのタイミングが一番いいのでしょうか?
遺言を書くメリットが増えるかも??
相続対策として遺言を検討される方は徐々に増えてきていますが、まだまだ普及しているわけではありません。そこで遺言控除という制度が始まろうとしています。
農地を相続したけど、農業はしないという場合
土地や建物などの不動産を相続することは多々あります。しかし中には土地といっても農地を相続することも。。。農業はしないけど、どうやって売ればいいの?
亡くなった人の預金は勝手に引き出していい?
家族との突然の別れ。せめてお葬式はしっかりしてあげて安らかに眠ってほしい。でも葬儀にもお金がかかるので亡くなった人の口座からお金を…。ちょっと待ってください!気をつけないと…
節税目的の養子縁組も許されるってよ!
相続税の基礎控除が引き下げられてからますます重要になってきた相続税対策。その代表的なものが「養子縁組」です。でも養子ってそんなに簡単に迎えていいの?という裁判の行方は??
会社を後継者に譲るなら
いよいよ会社を後継者に譲るとき。そのまま株式を贈与するのか、新会社を設立するのか悩むことは多くありますが、補助金を活用して賢く承継しませんか?
少子化による人材確保にお悩みの社長様へ
少子化というワードが毎日のようにあちこちで聞かれますが、こと労働市場においては深刻な問題となっています。そこで中田事務所がご提案です!

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 取扱業務 事務所アクセス お問い合わせ 法律こぼれ話 代表ブログ